活動報告

令和3年 9月議会 決算委員会質疑

さいたま市議会議員 てるきな弘志

令和2年度決算

経済局

  • 東日本連携センター(まるまるひがしにほん)の経済効果について
  • 次世代成長産業について、どのような分野を戦略的に誘致しているのか。
  • さいたまスイーツ等プロモーションについて、製品をどのように選択し、どのようにプロモーションを行なったのか。どれだけの経済効果があったか。

教育委員会

  • 通学路防犯カメラの設置状況、地域からの要望について
  • 児童生徒用コンピュータ整備事業により整備されたタブレットの選定方法について、また持ち帰りなどの運用について
  • ICTを活用した指導事例の蓄積と共有について、いつから始めたのか、また効果的に活用されているか
  • 通学バスに乗れない医療的ケア児について

市民局

  • コミュニティセンター利用目的と実態について、偏った分野の団体による利用がなされていないか。利用団体の調整について

環境局

  • 資源物収集に対するコロナウイルスの影響。なぜ前年より減少しているのか。
  • カーボンゼロに向けて、資源循環を進めていかなければならないはずだが、減少していることについて。
  • 衛生協力助成金の非交付団体について
  • 衛生協力助成金の助成内容について

消防局

  • 消防団組織運営維持について、費用の使途
  • 消防団組織運営にかかるDXについて

保健福祉局

  • コロナの影響を排除した福祉タクシー利用料金助成の不要額とその要因について
  • 日常生活用具の給付内容について、申請が却下された用具とその理由
  • 新型コロナウイルス感染症患者を受け入れる病床の確保について、県との連携、感染者の急激な増加に応えられる体制はできていたか
  • 新生児聴覚検査助成事業の成果について、聴覚障害の検査数(率)と発見数、療育につなげられた数

子ども未来局

  • 放課後児童クラブ支援員の処遇改善と支援員の不足について、幼児教育の無償化による需要増に応えられるか
  • 私立幼稚園等特別支援事業費補助金の使途について、具体的に何に使われ、特別な教育的支援を要する幼児の就園を促進したのか。保育所への障害児保育事業との違い。

都市局

  • スマートシティの推進について、複数の交通サービスをつなぎあわせ交通手段の最適化を図る新たなモビリティサービス等の導入に向けて、どのような検討がなされたのか。
  • 事業の目的に「持続可能な公共交通」とありますが、本市の考える持続可能な公共交通について。公共交通が利益を出せる仕組みについて。

建設局

  • 安心安全な歩行空間について、安心安全の条件をどのように設定しているか。ゾーン30整備事業について、速度抑制対策は具体的にどのような対策を行っているか。国土交通省の「まちなかウォーカブル推進事業」が始まってから安全安心な歩行空間について変化はあるか。
  • 高沼用水路整備事業について、親水性の高い水辺とは。安全に通行できるための足元灯の設置。

SNS

PAGE TOP